【保育NEWS】保育従事者の性犯罪歴照会『DBS』創設について

この記事は約9分で読めます。

 はい、みなさんこんにちは!男性保育士のRyU先生です。

 今朝の毎日新聞に気になる記事が載っていたので、今回は記事の中で出てきた英国が導入している『DBS(Disclosure and Barring Service)』という制度について私見も含めて解説していきたいと思います。

保育サービスにおいて性犯罪歴を埋もれさせてはいけない

 まずは以下の記事をご覧ください。引用部下より毎日新聞の記事に飛ぶことができます。

ベビーシッターマッチングアプリ「キッズライン」の登録シッターが性犯罪容疑で逮捕されたことを受け、保育事業などを手掛ける認定NPO法人「フローレンス」(駒崎弘樹代表理事)は17日、法務省で森雅子法相と面会し、保育・教育従事者の性犯罪歴をチェックして就業を制限する制度「日本版DBS」の創設を求める意見書を提出

公的性犯罪歴確認制度の導入要請 NPO、法相に意見書 シッター逮捕受け 毎日新聞
 2020/07/17 21:31
公的性犯罪歴確認制度の導入要請 NPO、法相に意見書 シッター逮捕受け
ベビーシッターマッチングアプリ「キッズライン」の登録シッターが性犯罪容疑で逮捕されたことを受け、保育事業などを手掛ける認定NPO法人「フローレンス」(駒崎弘樹代表理事)は17日、法務省で森雅子法相と面会し、保育・教育従事者の性犯罪歴をチェックして就業を制限する制度「日本版DBS」の創設を求める意見・・・

あってはならない保育・教育者による児童へのわいせつ行為

 この記事の発端となった事件では、ベビーシッターサービスに登録していた男性保育者が2人相次いでわいせつ容疑で逮捕されました。僕の周りのTwitterでも繋がりがある保育者やママパパ達も、驚きと憤りを隠せずにこの件に関して呟いていた人が多かったように思います。

 児童へのわいせつ行為による逮捕、こうしたニュースは悲しいことに度々見受けられます。以前は保育園に通う子ども達の盗撮事件などもありましたね。保育士による性犯罪については、同じ保育者として恥ずかしいし憤りを隠せないに尽きます。

 今回の事件が注目を集めた背景として、逮捕された男性が過去にも児童わいせつによって逮捕されていたことも大きかったでしょう。そうです、再犯だったんです。性犯罪歴を隠してまた児童と関わる仕事に就くことが出来てしまった この部分に大きな仕組みとしての問題が見えますね。

 渦中の会社となってしまった認定NPO法人「フローレンス」。シッター仲介サービスとして保育者からも保護者からも知名度の高い「キッズライン」というサービスの中で事件が起こり、発覚しました。

 子どもの最善の利益の為に従事しているはずの保育者による、性犯罪での逮捕が2件相次いだということで、シッターサービスだけに留まらず、児童施設で子どもを預けている保護者の方の不安は計り知れません。
 ただでさえ信頼して大切なお子さんを預けていたはずなのに、これ以上の裏切りはないですよね。

 特にシッターサービスというのは子どもを施設に預けるのではなく、自宅に保育者を呼んで、日中子ども達を見てもらうサービスです。その為、外部から監視(見る)することが難しく、「業務の不透明性」は信頼関係があるからこそ寛容に扱われるサービスといえます。不透明性の問題は性犯罪だけでなく、虐待などの行為についても発覚がしずらくサービスの仕組みとして何か策を練らなければならない様に思います。

DBS導入で性犯罪歴のある人は就労不可に

 保育士は性犯罪や暴力事件など「保育士の信頼を損ねる行為」をした者について資格の剥奪という罰則が定められています。なので、再犯となった容疑者に関して言えば少なくとも「保育士」ではなかったのです。ただし、ベビーシッターサービスにおいて資格の有無は絶対条件ではありませんので、恐らくですが無資格で前科は伝えずにシッター登録をしたのだと考えられます。

 もしここで「保育士資格あり」と伝えていた場合には、虚偽の申告となり「名称独占法違反」も加わります。ただそうした報道は見られなかったように思うので、初めから無資格だったのか、剥奪されて無資格となったのかは分かりませんが、シッター登録時には保育士資格を有していないかったということになります。

 これはあくまでも私見ですが、ベビーシッターという第三者の目がなく、不透明な環境での保育業に関しては資格の有無は重視するべきじゃないかと思います。今回の様に犯罪リスクについてもそうですが、単純に保育者としての技術や知識不足などのリスクもあるので、慎重になって然るべきかなと思います。

 しかし、無資格者でも簡単に登録できる現状も保育士の抱える背景があります。

保育士の働き手が圧倒的に不足している

 昨今、保育士不足が声高に叫ばれており、保育士資格取得者はいるのに保育関係の仕事に就かない「潜在保育士」が問題視されています。この背景として待遇面での不満であったり、想像していたものと実務とのギャップであったり、人間関係でのストレスであったりと様々な事があげられるのですが詳細は別記事で取り上げます。


 また離職率も長く問題視されている所で、多くの園で毎年のように求人が出ています。保育施設には子どもの数に対する保育者の最低人数が定められているので、人が辞めれば新しく人を雇わなければなりません。それでも就労しない保育士が多くいることで、当たり前ですが現場は人手不足となり保育士の働き手はいつも不足している現状になるわけです。

 主に認可施設になりますが、そうした事態を受けて政府は有資格者が一定数いれば無資格者でも働いて良いとする規制緩和を行い。また本来なら1クラス30名のところを、公用スペースなどをクラスの面積に加えて児童を多く受け入れる弾力運用なども行われています。

英国のDBSとは?

 英国では就職の際にDBS(Disclosure and Barring Service)=犯罪歴証明を提出することが義務付けられている職種があります。医師や弁護士などを初め教育や保育、そしてナニーやチャイルドマインダーなどシッターサービスについても提出義務があるのだそうです。

 この犯罪歴証明は、英国内務省管轄の公的サービスとして個々のデータが集積され、都度照会をして運用されているようです。ちなみに再就職の際にも、改めて犯罪歴証明を提出する必要があるという徹底ぶりです。

 犯罪歴証明を提出するということは、「私は犯罪歴がありません」と証明するということです。これによって、前科のある者は保育やシッターなどの職業には就くことができません。つまり、事前に再犯というリスクを完全に消去しているのです。

日本でも創設を期待

 日本は犯罪者に優しい国と揶揄されることもあります。前科をもつ人の人権を尊重するが故に、リスクを引き上げている部分も確かにあるのかもしれません。

 ただ性犯罪に関しては再犯率が他の犯罪とは比べ物にならないとされています。それは国による差異はなく日本でも同じです。そのことを考えると、やはり再犯防止の為にも特定業種においてはDBSの様な制度を導入をした方が良いのではないかと思います。特に保育・教育・シッターサービスにおいては性犯罪歴だけでも先駆けて導入するべきだと考えています。

 とはいえ、新しい制度を設けるには大変な労力と時間がかかるでしょう。記事にもありましたが、フローレンス側からも法務大臣に意見書が提出されているように保育者また雇用主からしても犯罪歴の確認をする方法の必要性を訴えています。今すぐとはいかないでしょうから、後々にDBSの様な制度が創設されることに期待しつつ、今はまず現行の見直しをするべきだと思います。

 ベビーシッターの登録はWEB申し込みで簡単にできてしまうものもあり、運営会社は保育者と保護者を引き合わせるだけ。のようなスタンスと取れてしまうケースもないとは言いません。
 しかし、再三書いている様にベビーシッターは第三者の目がなく、不透明になってしまう業態であることを鑑みるならば、きちんとした面接を行い個々の人間性の見極めをすることは最低限のリスク管理として必要ではないかと思います。

 その上で子ども達が安心して、そしてママパパも安心して預けることができることができるのであれば、これ以上に良いサービスはないのですから。

まとめ

 今回は個人的には創設が待ち遠しい『DBS=犯罪歴証明』について、ニュースから私見を述べてみました。保育というのは子どもと保育者、保護者と保育者との信頼関係がなければ成り立たないサービスです。

 ニュースで時折目にする様な性犯罪や虐待のリスクを、如何にして減らすかは雇用主の至上命題であると言えるでしょう。ですが、現行では犯罪履歴を徹底的に確認することは簡単ではなく、犯罪歴を隠して登録(就職)することもできてしまう場合があります。

 再犯のリスクなんていうものは、本来であれば子ども達も保護者も負う必要のないリスクであることは言うまでもありません。もし将来的にDBSのような制度が創設されたら、犯罪歴によって登録ができない、つまりは再犯のリスクを限りなくゼロにすることができるようになるかもしれません。

 子どもたちの笑顔とママパパの安心の為に、渦中のシッターサービスだけでなく児童福祉という分野でも考えなくてはいけないテーマなのかなと思います。

 では、またまなぼうねー(‘ω’)ノ

▽Twitterにて無料で保育・育児相談を受け付けております▽ https://twitter.com/RyU74328355

各コンテンツへは下記よりどうぞ!!

〇RyU先生の詳細プロフィール動画:
https://www.youtube.com/watch?v=Hx_zBMbpL9o

〇記事を見た株式会社ミズノ様よりご連絡を頂きインタビューを受けました。
お話を頂いたきっかけとしてはnoteにて投稿をしていた、記事の内容を評価してくださったとのことで、大変光栄な機会を頂けました。
note:https://note.com/ryu_sensei

◎『子育ていろは』・・・新米ママパパの向けた育児の基礎知識や、ちょっとしたコツを紹介していきます。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLM5SOP3-YW-f4l7VXAXQB12wrsK4g9pNF

●『学校でも保育園でも教えてくれない保育の基礎知識』・・・新米保育士さんや、自分の保育に自信がもてない先生に、今更聞けない保育の基礎知識や子ども達の態度が変わるちょっとしたコツをお届けします。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLM5SOP3-YW-djs0abk4dZVjSHXW-c_29k

●『保育士虎の巻』・・・意識高い系保育士さん、普段の研修だけでは満足できない先生に、RyU先生が読んだ論文などから最新の知識や理論をお届け! https://www.youtube.com/playlist?list=PLM5SOP3-YW-cugj7W65N3h3Fcda4L2ZzA

【note】にて動画にアップしているより詳しい内容や動画にはされていない記事を更新しています。
◇RyU先生のnote TOPページ: https://note.com/ryu_sensei
◇マガジン『子育ていろは』 https://note.com/ryu_sensei/m/mfb9f864021c3
◇マガジン『学校でも保育園でも教えてくれない保育の基礎知識』 https://note.com/ryu_sensei/m/m01ccf698d58b
◇マガジン『保育士 虎の巻』 https://note.com/ryu_sensei/m/m4d46fca9894b
◇マガジン『叱らない保育論~褒め伸ばす保育~』 https://note.com/ryu_sensei/m/m5802fc03c717

◆オリジナルキャラクターのLINEスタンプ発売中です! https://store.line.me/stickershop/author/18073/ja
いつも何かに困っている「コゾウ」や、何かとお断りする「ムリっス」にガールフレンドの「アリす」、悪戯好きで心配性の「コウシ」のスタンプが好評発売中です!オレンジ色の「無表情ウサギ」も紛れ込んでいますw そして、可愛い(?)羊のぬいぐるみを抱いた「ミミ実」の着せ替えも販売中なので、よければ見に来てください!

Originally posted 2020-07-18 08:02:39.

コメント

タイトルとURLをコピーしました